Live with Passion!

本を読んで人生の成功者になろう!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | -
    2008年 おススメ書籍ランキング ベスト10+α
    0
      JUGEMテーマ:読書

      遅くなりましたが(毎年遅くなっている気がする)、2008年に読んだ全132冊の中から、特によかった本をある程度ジャンルの広がりも考慮に入れながら、選んでみました。

      10冊には、とても絞りきれなかったので、ジャンル別に順不同でご紹介します。

      今回も投資・経済関係や仕事術・自己啓発関係が多くなりました。

      仕事術・自己啓発
      ウェブ時代をゆく
      梅田望夫氏の『ウェブ進化論』に続くベストセラー。非常に啓発される本です。

      プロの学び力
      コンサルタントの効率的なインプット術が学べます。

      無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法
      今を時めく勝間和代さんの本です。中身が濃いです。

      無理なく続けられる年収10倍アップの時間投資法
      またまたカツマーの本です。勉強法とセットでどうぞ。

      読書について
      ショーペン・ハウネルの読書術の古典です。多く読めばいいってもんじゃない、と痛感させられました。

      いつも目標達成している人の勉強術
      オーソドックスな内容の勉強本です。

      一流の人は空気を読まない
      堀紘一氏ががこれまでの著作で明らかにしたことがない個人的な経験を披露。おもしろいです。

      富を「引き寄せる」科学的法則
      いわゆる「引き寄せの法則」のバイブル的存在の本。

      世界で戦うキャリアづくり
      キャリア形成の考え方等久しぶりにビジネスマンの体験談でためになった。

      投資・経済

      臆病者のための株入門
      資産運用にそれほど詳しくない一般的な読者にとっては、「真っ先に読んでほしい本」のひとつ。話がおもしろい。

      生命保険の「罠」
      元日本生命の営業マンが「生命保険の真実」について書いています。早く読まないと後で後悔するかも。

      一生お金に困らない人のシンプルな法則
      投資および生活に有意義なヒントがたくさん詰まっています。

      日本経済のリスク・プレミアム
      日本株投資に役立つ本格派の経済書です。

      波乱の時代 特別版
      グリーンスパンFRB前議長による率直な手記。

      なぜ投資のプロはサルに負けるのか?
      過激な発言で有名な人気ブログ「金融日記」を運営する藤沢数希さんの「難しきことを易しく」解説する投資本です。これも、とてもおもしろいです。

      その他
      フィット・フォー・ライフ
      人生が変わるかもしれない。それ位、価値ある健康本のバイブル。

      「不老!」の方法
      “歳をとらない!”ための“ごきげんな医学”の入門書。

      そうか、もう君はいないのか
      経済小説のジャンルを開拓した城山三郎氏の遺作。夫婦愛、家族愛の素晴らしさを実感。

      闘う楽しむマンション管理
      全てのマンション住人におススメするノンフィクション。

      以上、計19冊ご紹介しました。全然ベストテンでないですね(笑)。
      | becomerich | 読書 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      図書館の価値を最近実感
      0
        JUGEMテーマ:読書

        今さら図書館もないとは思うが、最近地元の図書館を“めっちゃ”使っている(思わず関西弁が出てしもうた)。

        というのも、定期的に行う自宅の本棚の整理の際に、「保存すべき本」と「その時だけの本」があることに改めて気付いたため。当然捨てたり、売る本の方が多い。

        最初からその区別がつく場合とそうでない場合があるが、少なくとも後者の場合は最初から借りて、かつ時間をかけずに読んだ方が、時間とお金の両面で得することがわかった。

        予約もネットで本当に簡単にできるしね。
        | becomerich | 読書 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        2007年 おススメ書籍ランキング ベスト10+α
        0
          遅くなりましたが、昨年2007年の1年間で読んだ全101冊の中から、特によかった本をご紹介します。

          10冊に絞りきれなかったので、ジャンル別に順不同で。

          ノンフィクション
          『官邸崩壊』
          2007年の大事件である安倍首相の「突然の」退陣が「必然」であったことがわかる本。
          知られざる真実―勾留地にて― 
          日本を代表するエコノミストが獄中で書いた書。
          宿澤広朗 運を支配した男
          日本を代表するラガーマンかつバンカーだった人物の軌跡。
          「愚直」論
          ダイエー元社長の職業人生談。

          投資
          マネーと常識
          文字通り、今や人生で不可欠なファイナンシャル・リテラシーが身につく本。
          内藤忍の資産設計塾 実践編
          資産運用で一番重要な「何にどれ位」投資するかというアセット・アロケーションの参考になる本。
          不動産でハッピーリッチになる方法
          1,500円(本代)で1,500万円得する(損しない)本。

          仕事術・自己啓発
          効率が10倍アップする新・知的生産術
          今、一番売れっ子の勝間和代氏のおススメの本。
          記憶力を強くする
          脳の仕組みという専門的なことがわかり易くかかれています。
          お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!
          口コミでほぼ一年中講演活動をされているという「一般人だけど、とっても凄い人」の波乱万丈の半生。
          何のために働くのか
          元ソフトバンク常務取締役、SBIホールディングス代表取締役CEOの北尾良孝氏が人生の課題に真正面から答えた良書。
          「伝説の社員」になれ!
          元アマゾンジャパンのカリスマバイヤーによる普通のサラリーマンのための最強サラリーマン養成講座。
          仕事は、かけ算。
          爆発的な人気を誇る人気メルマガ『平成・進化論。』を加筆修正したもの。たくさんの気づきが得られます。

          その他
          「社会調査」のウソ
          情報が氾濫する現代社会の必読書。
          99.9%は仮説
          タイトルどおり世の中は仮説でできていることが腹におちる本。
          すぐに稼げる文章術
          文章力が威力を発揮する今非常に役立つ本。

          以上、自分の読んだ本の1年のおさらいのための作業ですが、たったこれだけのエントリーを作るだけで、非常に骨の折れる作業でした。はぁ、疲れた。
          JUGEMテーマ:読書
          | becomerich | 読書 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          本を当面買わないルールの例外 社会起業家のとっても良い本
          0
            当面、雑誌を除き本は買わない方針を立てていたのですが、あっさりと破ってしまいました。

            この掟を破らせた本は、元マイクロソフト重役のジョン・ウッドという人が書いた『マイクロソフトでは出会えなかった転職』(英題 Leaving Microsoft to Change the World:
            An Enterpreneur's Odyssey to Educate the World's Children)という本です。

            雑誌「クーリエ・ジャポン」の創刊2周年記念号で彼のことが紹介されていたのが、きっかけで購入しました。

            感想は全部読んでから書きますが、とになく「よさげな本」です。

            とりあえず、素敵な書評を書いている方の関連リンクを張っておきます。きっと、皆さんも「読みたい、彼のことを知りたい」という衝動に駆られることでしょう。

            du pope:NAKANO HAJIME'S Blog
            | becomerich | 読書 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            本を「買う」のを止めます
            0
              といっても「読む」のを止めるわけではなく、今までどおり年間百冊は最低ラインとして読んでいきます。

              なんでこんな事を書くのかというと、「積ん読」の本が常時100冊ぐらい(正確ではないけど)あって、いい加減一掃したいという気持ちになったからであります。

              果たして「買わない」という原則、いつまで守られることやら(既に弱気でした)。
              | becomerich | 読書 | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              読書の効用・副作用
              0
                いつも家にいる時間は、机に座りパソコンを触っているか、本を読んでいることが多い。

                本は、他人の貴重な体験を安価な値段で擬似体験できる素晴らしいツールであり、いつも私はその恩恵を受けている。

                でも、いつもよいことばかりではない。この土日は本のせいで機嫌が悪いのだ。なぜかって?。風邪のせいで鼻が詰まっていることもあるが、この休みに手にした本がどれも「いまいち」のためすっきりしないから。

                たまたま、「献本」を受けるサービスに申し込んだら、「資格あり」となり、早速2冊取り寄せたところ、「ハズレ」だったもので、いくらタダで読めるからといっても、「書評を書く義務」はあるし、貴重な時間を費やす必要もある。まぁ、諦めるしかないか。

                そういう訳で、機嫌が悪かったのであるが、気分をよくするため、「後味のよさそうな本」を本棚(読んでない本がたくさん並べてある)から1冊ピックアップした。

                グッドウィル・グループ会長の折口雅博氏の『「プロ経営者」の条件』である。
                スッキリできそうな予感。
                | becomerich | 読書 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                丸の内ビジネスマンが読んだ2006年のベストセラー 
                0
                  「日経ビジネス」に丸善丸の内本店調べの2006年のベストセラー50冊が掲載されていました。場所柄「ビジネスマン・ウーマンが読んだ50冊」と言えるでしょう。

                  政権交代や北朝鮮問題などで、先行きの不透明感が強まった昨年に人気を集めたのは2007年以降の変化を読み解く書でした。

                  同店総合ランキング1位を獲得したのは、『2010年の日本』でした。ちなみに『2010年の●』シリーズは5つランキング入りしていました。
                  | becomerich | 読書 | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  2006年 私が読んだ本ベスト10
                  0
                    今年1月から12月までに私が読んだ本の中から、おススメ度★★★★★を付けたものが偶然10冊となりました。

                    いずれも読んで損しない良書ですので、ぜひこの機会に読んでみてください。読んだら感想も寄せてくださいね。(以下順不同)

                    1 『ラッキーをつかみ取る技術』
                    ラッキーな人が書いた説得力ある処世術。私の感想はこちら

                    2 『偶キャリ。―「偶然」からキャリアをつくった10人』
                    ‘キャリアの呪縛’から逃れたい方にぴったりの一冊。私の感想はこちら

                    3 『ウェブ進化論』
                    今年の大ベストセラー。私の感想はこちら

                    4 『新・資本論』
                    欧米でベストセラーとなった『The Invisible Continent』の邦訳。私の感想はこちら

                    5 『会社のつくり方』
                    IT業界の有名人、成毛氏が書いた「起業心得」。私の感想はこちら

                    6 『ビッグツリー 私は仕事も家族も決してあきらめない』
                    東レ同期トップの取締役が書いた「家族再生」の感動の手記。私の感想はこちら

                    7 『株式投資の未来』
                    非常にTBが多かったエントリーでした。私の感想はこちら

                    8 『ジム・クレイマーの株式投資大作戦』
                    「バイ・アンド・ホームワーク」の意味がわかる本。私の感想はこちら

                    9 『ナチュラルダイエット―あなたの常識をくつがえす3つの習慣』
                    目から鱗の健康術。私の感想はこちら

                    10 『ミリオネアの教え、僕の気づき』
                    ロバート・キヨサキやアンソニー・ロビンズらの同時通訳者の体験記。私の感想はこちら
                    | becomerich | 読書 | 08:16 | comments(0) | trackbacks(3) | -
                    今年の年間ベストセラー 『国家の品格』
                    0
                      出版業界の発表によりますと、今年11月までの年間ベストセラーは藤原正彦氏の『国家の品格』だったそうです。

                      確かに今年は「品格」という言葉もよく使われました。この本、大変良いという人がいる一方で、嘘や事実誤認、そして偏見に満ちているといった低評価をする読書もかなりいる様です。

                      まぁ、「百聞は一見に如かず」。まだ、読んでいない方は年内に一度読んでみてください。私は読みました。感想はこちら
                      | becomerich | 読書 | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      久しぶりに図書館を利用 その結果は?
                      0
                        昨日、家に近くの図書館で本を3冊借りました。

                        いわゆる書評の類で何か良いものがないかなぁと、ふらっと最寄の図書館に寄って選んだ3冊の書名は以下のとおり。

                        『「本はこう買え!こう読め!こう使え!』(鷲田 小彌太)
                        『悪の読書術』(福田和也)
                        『ダカーポ』(2006年9月6日号)

                        ,蓮⇔花隆の『ぼくはこんな本を読んできた』を引き合いに出して、いきなり古典は読むな、小説形式は時代遅れ等著者の読書全般に関する考え方が披露された後、ジャンル別の推薦書が列挙される構成。日本の歴史・成り立ちに関する本で、買ってもよさそうな本があったのが収穫でした。

                        △蓮∨棆阿療稿でも露出度の高い福田和也氏の「悪の○○」シリーズのひとつ。福田氏の本は初めて読みましたが、本書に関する限り「読むに値しない」本でした。本の内容は、本をファッションのひとつに捉え、「他人の目にはその本がどの様に映るのか」という視点から、著名な作家を断じています(例えば、宮部みゆきの本を持っている独身女性は男の目には、暇を持て余したもてない女に見える 等)

                        は、今年度上期の売れ筋ミステリー等の特集。特に買いたい本なし。

                        以上、本はやっぱり、自分で買って、汚して、使って、なんぼのもんです。図書館で借りて済まそうと思った本は、それなり(つまらない)の内容でした。

                        | becomerich | 読書 | 16:37 | comments(0) | trackbacks(1) | -
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << October 2018 >>

                        このページの先頭へ