Live with Passion!

本を読んで人生の成功者になろう!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | -
    CDプレーヤーとオーディオケーブル購入
    0
      昨日、ついにCDプレーヤーを10年ぶりに買いました。

      慎重に秋葉原の高級オーディオショップにて試聴を重ね、選んだのは「デノンDCD-SA1」です。アキュフェーズDP500やリンMajikCDなどとも比べましたが、私のスピーカーやアンプとの相性、音の好みに合致しているのはコレでした。

      このデノンのCDプレーヤーは、定価50万円前後の機種では最も売れ筋かつステレオ雑誌の評価も非常に高いですが、「ホンマにそうか」といったスタンスで試聴に臨んだところ、やっぱりこいつになりました。

      ブルーノートの古い録音のCDがこんなに迫力ある音で鳴るなんて、本当びっくりしました。

      そして、ある意味もっと驚いたのが、アンプとCDプレーヤー間をつなぐアナログケーブルを替えることによる音の違いです。

      店員に薦められたスウェーデン製 JORMA DESIGN (ヨルマ・デザイン)社のNo.2という1m×2でなんと定価「15万円」(!)もするケーブルに替えた途端、自分の持ってるシステムが変わったぐらい、「全く別物の音」が鳴るのには本当ビックリしました。

      騙されたと思って一度店で安いケーブルと聞き比べてください。システムのクオリティが高ければ高いほど、ケーブルも良いものを使わなくてはならない(そうしないとケーブルがボトルネックになって、いい音が出ない)、本当そう思いました。
      | becomerich | オーディオ | 05:29 | comments(0) | trackbacks(3) | -
      スピーカーとアンプ買い替えました(その2)
      0
        先週購入したステレオがようやく本日到着。早速、開梱し汗だくになりながら設置しました。

        出てきた音は店頭で聞いたものと殆ど変わらず、「豊潤で美しい」音色です。特にバイオリンの音は、イタリアのバイオリンの生産地で有名なクレモナで作られたスピーカーだけに抜群です。ちなみに、クレモナは世界的によく売れているそうです。

        この音ならCDプレーヤーの方は、しばらく現状のままでよさそうです。

        P.S.
        孫の顔を見に来た両親も「耳は悪いけど、これは、ほんま音ええなぁ。」と言っていました。当たり前です。なんたって、マイシステムのお金を出せば、車が買えるのですから。(ちなみに、私は車は乗ってません。プライベート・ライフの「選択と集中」です。)
        | becomerich | オーディオ | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        スピーカーとアンプ買い替えました(その1)
        0
          約10年ぶりにオーディオ・システムの買い替えを断行しました。

          最近は日夜『Stereo Sound』誌等のオーディオ雑誌で研究し、ネットからも情報を仕入れ、そして、秋葉原の店頭でも念には念を入れた試聴を繰り返してきました。

          その結果、以下のものを本日購入しました。

          <新システム>
          ・スピーカー:ソナス・ファーベル クレモナ
          ・プリメインアンプ:ラックスマン L-590A
           合計百何十万円なり。

          我が家に到着したら、続報をお届けします。(最近読書が殆どできず、ブログ更新が停滞していたのは、このためです)
          | becomerich | オーディオ | 23:14 | comments(0) | trackbacks(1) | -
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << December 2018 >>

          このページの先頭へ