Live with Passion!

本を読んで人生の成功者になろう!
<< もう一つの大事件 GoogleのYouTube買収 | main | 7つの習慣 スティーブン・R. コヴィー >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | -
    キヤノンとソニーの経営格差・株価格差
    0
      今日10月10日の東京株式市場は、北朝鮮の核実験後にもかかわらず、寄り付きこそ安く始まったものの一時100円以上上昇するなど、堅調に推移しました。

      しかし、内容を見るとNYのダウ同様大型株の強さが目立つ一方、新興株式市場の小型株は軟調に推移し、対照的な動きとなりました。

      最近の大型株、特にグローバルに展開する企業の中で、株価の強さが際立っているのがキャノンです。 安倍新政権が掲げる「イノベーション」の強化関連銘柄の象徴的存在(「国策に売りなし」)として、業績の裏付けもあり連日のように高値更新が続いています。

      一方、業績、株価両面でさえないのが、「かつての」ハイテク代表銘柄のソニーです。
      業績については、エレクトロニクスが長い低迷から脱することができず、多角化した映画、ゲーム等もすべてが同時に良い時がなく、会社トータルの最高利益は98年3月期から更新できない状態が続いています。

      さて、株価と時価総額について、どの様なことになっているか両社を比較してみたら、想像どおり(以上?)、圧倒的にキヤノンに軍配があがりました。

      まず、現在の両社の日本の株式市場全体での位置づけを見るうえで時価総額を確認してみますと、本日終値ベースでキヤノンが8兆7068億円で日本で第7位。これに対し、ソニーは4兆4693億円で第14位となっています。(ちなみに、松下電器にも差をつけられ、同社は6兆1326億円で第11位)

      また、両社の株価を約10年前の1996年10月末から現在までの上昇率で比較してみますと、キヤノンは10年前1,453円(株式分割考慮後)から6,530円と約4.5倍になる一方、ソニーの方は10年前3,415円(株式分割考慮後)から4,460円と30.6%上昇にとどまっています。
      同期間のTOPIXのそれは5.4%の上昇ですので、ソニーがさえないというよりは、キヤノンの躍進ぶりが凄いといった方が良いのかしれませんね。
      | becomerich | 株式投資 | 21:54 | comments(1) | trackbacks(1) | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 21:54 | - | - | -
        はじめまして、川嶋聡史と申します。ブログ勉強になりました。

        今回の核実験を起こした北朝鮮は、国際連盟を脱退してパールハーバー攻撃をしてしまった、かつての日本に似ていますね。もう戻れない状況なのかもしれませんね。たとえば、軍部が実権を握ってしまっているとか、、、。

        経済的な圧力に関しては、国際社会と強調する限り、日本は積極的に行っていくべきだと、私は思います。

        その一方で、チマチョゴリを着て、朝鮮学校に通っている生徒への嫌がらせは、絶対にあってはならないことだと思います。最近の日本の雰囲気はぎすぎすしたものがあり、不満のはけ口を求めているように感じているものですから、、、。何もなければいいのですが、、、。
        | 川嶋聡史 | 2006/10/10 10:58 PM |










        http://becomerich.jugem.jp/trackback/296
        ブログのトラックバックセンター
        成功者への道poweredbyjugem様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
        | blolog〔ブロログ〕 | 2006/10/14 10:00 PM |
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << December 2018 >>

        このページの先頭へ