Live with Passion!

本を読んで人生の成功者になろう!
<< ヒューマン2.0 渡辺千賀 | main | チェンジメーカー 社会起業家が世の中を変える >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | -
    セミナー聴講報告 コモディティ投資の魅力
    0
      12月23日に都内で三貴商事株式会社主催で開催された「INV@ST特別企画セミナー」に参加してきました。

      まず、第一部ではジョージ・ソロス、ウォーレン・バフェットと並ぶ世界3大投資家の一人として知られるジム・ロジャーズ氏が開発した「ロジャーズ国際商品指数(RICI)」とほぼ同一の運用を行う日本で初めての商品ファンド、「商品新時代」の宣伝を目的として、「コモディティ投資の魅力」について光陽投資顧問株式会社のファンドマネジャーが説明してくれました。

      私も石油等コモディティ(商品)投資については関心があり、ジム・ロジャーズ氏の最近の著作である『商品の時代』を読んでいたので、基本的には既知の内容でしたが、よくまとまった説明でした。概要は以下のとおりです。

      <ポイント>
      ・様々なコモディティの需給がタイト化

      ・カルパースといった機関投資家、年金基金などが、新たな投資先としてコモディティに注目(株式、債券と同じように資産構成の一部として認識)

      ・かつての石油危機等の価格上昇は「供給サイド」が原因で起こったが、現在の価格高騰は「需要(消費)サイド」に主な原因がある。

      ・コモディティは伝統的資産(株式・債券)を上回るリターンがあり、他の投資対象との価格連動性(相関)が低い(値動きが異なる) →コモディティをポートフォリオに組み込むことで、投資効率がアップ(リスク減少+リターン増加)

      ・生産地域は偏在する一方、消費は全世界に広がり →高い地政学的リスクあり

      ・株式であれば、経営の良し悪しやライバルとの競合、信用リスク等様々なリスクがあるが、コモディティの場合これが無く、基本的に需給が価格に反映される

      ちなみに、本セミナーの模様はNHKで来年1月中旬頃「クローズアップ現代」で放映される予定です。関心がある方はこちらもどうぞ。

      第二部「知られざるヘッジファンドの影響力」の内容は別途エントリーします。

      | becomerich | 投資・運用 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(2) | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 22:16 | - | - | -









        http://becomerich.jugem.jp/trackback/339
        投資信託【リスクとリターン(2)】
        大切なことは自分にとってのトータルリターンがどのくらいになっているかです。投資信託を選択する場合、投資対象や運用の手法、換金の方法や手数料、リスクなどいろいろな情報を吟味する必要があります。また、購入後も、自分の保有している投資信託を確認することをし
        | 投資信託 の始め方、投資信託 での儲け方 | 2007/02/05 1:50 PM |
        投資信託 リターンとリスクの関係
        投資信託には、現在の預貯金では得られない収益(リターン)を期待できる一方で、予想...
        | 投資.com | 2007/02/09 12:09 PM |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << June 2018 >>

        このページの先頭へ