Live with Passion!

本を読んで人生の成功者になろう!
<< 東京あの時ここで 昭和戦後史の現場 共同通信社編 | main | バフェット・コード 荒井拓也 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | -
    犠牲 わが息子・脳死の11日 柳田邦男
    0
      JUGEMテーマ:読書
      犠牲(サクリファイス)―わが息子・脳死の11日 (文春文庫) 犠牲(サクリファイス)―わが息子・脳死の11日 (文春文庫)
      柳田 邦男

      文藝春秋 1999-06
      売り上げランキング : 8777
      おすすめ平均

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools
       今年92冊目。おススメ度★★★☆☆

      著者は、大宅壮一ノンフィクション賞受賞作家で、医療や脳死問題に造詣の深い柳田邦男氏。

      本書は、その実の子どもが25歳という若さで自殺を図り、脳死状態となった出来事を通して、人間の死や親子の関係について、考えさせられる力作です。

      この本を読むと、脳死、即臓器提供という訳には簡単にいかないことがよくわかります。
      | becomerich | 書籍(一般その他) | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:46 | - | - | -









        http://becomerich.jugem.jp/trackback/812
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>

        このページの先頭へ